《 よくあるご質問 》

どのようにおこなっているのですか?


初診でお越しいただく場合は、問診票のご記入からはじまります。

全体の内容は以下のように進みます。
*皆様のつらい症状をうかがう=問診
*脈を診て、皮膚や肌の状態を確認、つらいところを拝見する=四診
*ツボや経絡、局所に鍼と灸を施術する=刺鍼・施灸
*最後に脈を診て、全身の状態を把握する=検脈

時間は、来院されてからお帰りになるまで、約90をみています。

一回ごと、お話をしっかり伺い、現在の状態をしっかり把握してから始めます。初めての方は特にですが、症状や状態について、解剖学的、生理学的、東洋医学的なお話をしながら進めています。
そのため時間がかかります。



鍼は痛いのでしょうか?

 

鍼というと痛い、というイメージをお持ちになる方もいらっしゃいますが
ACUCARE Angeの鍼灸を受けた方は、「驚くほど痛くない」とびっくりされる方がほとんどです。
又、現代のステンレス和鍼は、大変精度が高く、メーカー側が痛みを最小限にする工夫をしています。


ACUCARE Ange
でも、最大の効果を引き出し、痛みを最小限に抑えることを念頭に、以下のように施術しています。
○違和感を減らせる金属鍼管を使用しています

○和鍼のなかでも、とても柔らかいディスポーザル鍼を使用しています
○ひとり一人の体調・体質・患部の状態により使用する鍼を決めています

 通常のキュア・ケア・コンディショニングで使用する鍼   0.16mm
 体調や体質に対応して使用する鍼   0.14mm
特に凝りの深い腰や臀部に使用することがある鍼 0.18mm
お顔や足首など細いところに使用する鍼     顔専用鍼0.14mm


 

 

 

 

 

※急性症状などについては、刺激のつよい寫法を用いる場合もあります。これは痛んでいる組織を早く回復させる効果が大変高いものです。

お灸は熱いのでしょうか?


現代のお灸もバラエティがあります。
台座の上にのっているお灸がその例です。

ACUCARE Angeでは、台座灸以外にもぐさをつかった施灸も行います。
やけどにならないように、漢方の紫雲膏をぬっておこなっています。

輻射熱だけでなく、皮膚の中に浸透する熱、又皮膚面の炎症を取りのぞく熱など、実はお灸がもたらす最大の効果は、その熱によるものです。

施灸に際しては、細心の注意を払って行っています。

鍼で跡が残ることはないのでしょうか?


刺鍼する深さとても浅く、平均1mm~2mm程度です。
施術においては更に細心の注意をはらっております。
まれに皮下出血をおこすことがありますが、
これは感作による皮膚の反応のひとつで、害のあるものではありません。
2,3日~10日ほどで薄くなって吸収されていきますのでご安心ください。

お飲みになっている薬によって生じやすい場合もありますので、
常備薬がある方は事前に問診票にご記入をお願いいたします。


どのくらい通う必要があるの?


○風邪や炎症がある場合は、早期回復を目指します。
○ケア、コンディショニングについては、レッスン、リハーサルのスケジュールを考慮し、目指す舞台にあわせたプランをお伝えしています。
○婦人科系疾患、内臓疾患もあわせたケアの場合も同様、カラダを調え、踊りと健康な日常生活を両立させていくプランをお話しています。

一例をあげると
上気道炎の後遺症が長引いている場合、2~3回ほどでステージに向かえます。

体質改善を加えたコンディショニングの場合、最初週1回のペースで半年から1年で、カラダ全体がぐっと柔らかくなり、声を出しやすくなっていきます。

いずれも、初診の際、問診・触診などで現在のカラダの状態を把握し、治療orメンテナンスのプランをお話ししています。再診時には、ケガの治り具合や今後の見通しなどをお話しています。